仕事と心の安定をめざして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったときに読む本』を読んだ感想

<<   作成日時 : 2017/05/14 23:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


この間、図書館から借りてきた、

『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったときに読む本』という本だが、

読了したので、感想を書きたいと思う。


まず、率直な感想として、ほとんど役に立たないなと思った。

その理由は後程書きたいと思う。


この本が言っているのは、簡単に言うと、

「思考」によって辛い状態が出来上がっているので、

自分の感情を受け入れて、自分を認めてあげよう。

というような内容。


「あれをしなければならない」とか、

「こうでないといけない」、

「これができない自分はダメな人間だ」

など、このような「思考」が感情に作用して、

マイナスな気分に陥ってしまっているのだという。


この本にはその解決法として、

具体的に何をすればいいかというのが書いてないんだよね。

精神論というか、何というか・・・。

「今感じた感情を認めてあげよう」と言ってるんだよね。

例えば、


「あぁ、そうか。私はいま辛いんだな。そうなるのも無理ないよ」

を声に出して言ってみよう。

どうだろうか、ちょっと心がホッとしないだろうか。


↑こんな内容だからね。

はっきり言って、こういうのは要らないんだよな。

もっと具体的にどういう行動するとか、

何を食べるとか、分かりやすい内容が欲しいんだよね。

こういう内容が90%ぐらい書かれてる感じ。


一部だけ参考になった部分もあって、

それは「したい」「したくない」と感じたことは、

その感情の通りに行動するというもの。

「したい」「したくない」は、自分ですぐに判断がつくし、

分かりやすいので実践しやすい。


本に書かれていた例としては、

友達からLINEでメッセージが来た際、

「後で返したいけど、すぐに変えなさないと相手の気に障るかな」

などと考えず、今「返したい」か、「返したくない」かで決める。

今返したくなければ返さず、返したくなった時に返し、

自分の感情の方を大事に考えるようにするというもの。

これは実践しやすいかなぁと思ったね。

LINEに限らず、日常生活でしたい事、したくない事って様々あるしね。

したかったらして、したくなかったらしない。

シンプルでめちゃくちゃ分かりやすい。


実際に休日に、この考え方を実践してみている。

何もしたくないときは何もせず、

掃除などする気が起きたときはする、

という具合にやってると、

「あぁ、休みなのにまた無駄に過ごしてしまった」

などという感情は出てこなくなったね。

前は、いつも休みの過ごし方を後悔してたんだけどね。

唯一これだけは役立つ情報だった。


まぁ、内容はこんなだけど、

興味がある方は読んでみてもいいかもしれません。

参考になるかどうかは分からないけど(^^;)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターストライクへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったときに読む本』を読んだ感想 仕事と心の安定をめざして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる